トップ > キャンプ誘致・ホストタウン > 事前トレーニングキャンプの誘致 > 立教新座高校の生徒がブラジルでのスポーツ大会に参加しました(動画も公開します)

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

立教新座高校の生徒がブラジルでのスポーツ大会に参加しました(動画も公開します)

2017年11月にブラジルで開催されたスポーツイベント「ブラジルユーススクールゲーム」。東京2020大会にブラジル選手団が立教学院で事前キャンプを行うことが決定したことが縁でブラジルオリンピック委員会から招待を受け、競泳選手の立教新座高校2年生の吉川 恭太郎さんと山﨑 吏恩さんが出場しました。なお、この大会に日本人が出場するのは初めてのことです。

大会での様子などを収録した動画を以下のリンクからご覧いただくことができます。

動画を見る(外部ページへリンク)

また、2017年12月21日(木曜日)には大会の結果報告のため、吉川さんと山崎さん、コーチの後藤 直之教諭が埼玉県知事と埼玉県議会議長を表敬訪問しました。 

吉川さんはブラジルの選手と交換したユニフォームを手にしながら、「大会にはタイムテーブルが無く、自分で考えて行動しなければいけなかった。良い経験になった。」、山崎さんは「ブラジル人はフレンドリー。言葉などわからないことだらけだったが、現地スタッフや日本人留学生によるサポートでとても助かった。」と振り返りました。

上田知事は、「2020年に向けてブラジルとの交流は進んでいきますが、2人は先駆者といえる。これからも頑張ってください。」と激励。また、小林議長からは「来年は埼玉県民ブラジル移住100周年という記念の年。今回の出会いを大切にしてください。」とのお言葉をいただきました。

  立教新座高校知事表敬訪問の様子

立教新座高校県議会議長表敬訪問の様子

ブラジルユーススクールゲームについて

スポーツ振興や文化交流を目的に、ブラジル全27州から同世代の学生を集めて開催されるスポーツイベント。陸上、水泳、バレーボール、柔道など計14競技を実施。

概要

主催:ブラジルオリンピック委員会 ユースゲームズ組織委員会

歴史:2005年から開催(2017年で13回目)

開催地:ブラジル連邦共和国 ブラジリア市

大会期間:(1)平成29年11月16日から19日まで、(2)平成29年11月21日から25日まで(※日本選手は(1)の期間に参加)

参加選手:約4,000人

日本からの参加:6名(事前キャンプ地となった埼玉県、相模原市、浜松市から2名ずつ参加)

※以下は、ブラジルでの様子の写真です。

 水泳出場選手の写真(プールの前で) 現地スタッフとの記念撮影