Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 議会広報 > トピックス・お知らせ > 県議会トピックス-平成30年度- > 齊藤正明議長と高橋政雄副議長が第228回13都道府県議会議長会議に出席

埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月25日

齊藤正明議長と高橋政雄副議長が第228回13都道府県議会議長会議に出席

会議の概要

   各都道府県議会では、議会の活性化を推進するため、審議の更なる充実、積極的な広報や情報公開、都道府県民や有識者等との意見交換など、さまざまな取り組みを行っています。
   そこで、各都道府県議会における今後の活動の参考とするため、「議会活性化に向けた最近の取組みについて」というテーマの下、政策立案機能の充実・強化に向けた取組や、住民に開かれた地方議会の実現に向けた情報発信の取組、政策提言の取組等、議会活性化に関する最近の取組・活動等の内容について、意見交換を行いました。

開催日

   平成30年4月25日(水曜日)

場所

   北海道札幌市内

主な出席者

   本県からは、齊藤正明議長と高橋政雄副議長が、北海道、宮城県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県および福岡県からは各都道府県議会の議長・副議長等が出席しました。

         13都道府県議会議長会に出席する正副議長        13都道府県議会議長会議に出席する正副議長4

                                 会議の様子                                    齊藤正明議長(左)と高橋政雄副議長(右) 

齊藤正明議長の説明要旨

13都道府県議会議長会議で説明する齊藤議長

   「1 政策提言の取組」の「(1)議員提案政策条例」についてでございます。
   本県議会では、議会の政策立案機能の強化を推進し、積極的に政策条例を制定しております。
 県民生活における重要な問題に対して、県民の声に耳を傾けながら、政策条例を制定していくといった県議会の活動は、二元代表制の一翼を担う議会として、県民に県議会の存在意義をアピールすることにもなると考えております。

 平成14年度以降、議員提案政策条例を28件成立させております。
 当初は、いわゆる理念条例的なものが中心でしたが、この頃は県民の権利義務に関わる条例も多くなっております。
 平成29年度においては、「埼玉県虐待禁止条例」から「埼玉県主要農作物種子条例」などの6件を成立させております。
 「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、自転車事故に係る被害者の救済に対応するため、自転車利用者等に対して自転車損害保険への加入を義務付けることにしたものでございます。

 「(2)決算特別委員会における改善または検討を要する事項の指摘」についてでございます。
 決算特別委員会の審査結果を踏まえ、執行部に対し「改善または検討を要する事項」を指摘し、翌年の決算特別委員会において対応状況を執行部が報告しております。

 「(3)特別委員会における意見・提言」についてでございます。
 予算および決算を除く特別委員会におきましては、定例会ごとに審査事項に係る「執行部に対する意見・提言」を行っております。また、2月定例会では、当年度総括の意見・提言を決定し、執行部に文書を提出しております。

 続いて、「2 住民に開かれた地方議会の実現に向けた情報発信の取組」でございます。
 「県民に開かれた県議会」、「県民に身近な県議会」を目指して、印刷物、テレビ、インターネットの3つの媒体を中心に広報活動を展開しております。

 (1)の広報紙「埼玉県議会だより」は、定例会ごとに発行し、新聞に折り込んで各世帯に配付しております。
 表紙には、題字に高校生の書道作品を採用するとともに、写真に県議会フォトコンテストの入賞作品を採用しております。
 また、写真の部分にはAR、いわゆる拡張現実機能を導入しており、スマートフォンをかざすと、フォトコンテストの他の入賞作品が表紙になったようにご覧になれます。
 また、「新聞紙面による広報」として定例会ごとに埼玉新聞に掲載しております。
 次に、(2)の議会中継でございますが、インターネットにより本会議及び予算特別委員会について生中継及び録画中継を行っております。
 テレビにつきましては、テレビ埼玉で放送しており、開会日と閉会日の委員長報告までは生中継で、代表質問及び一般質問については1日分を1時間に、予算特別委員会については総括質疑1日分を2時間に編集して録画中継しております。

 次に、(3)のインターネットの活用でございますが、「県議会ホームページ」及び「メールマガジン」においてそれぞれ情報発信しております。

 次に、(4)の広報テレビ番組の制作でございますが、広報番組「こんにちは県議会です」では、各定例会の概要のほか、議長・副議長や各会派代表者のインタビューなどを放送しております。また、元旦に放送している新春インタビューのオープニングとエンディングには、高校生による箏の演奏を挿入しております。

 次に、(5)の県議会プロモーション映像の制作でございますが、県議会の仕組みや役割を分かりやすく動画にまとめ、YouTubeで配信しております。
 平成28年度は、授業等で活用してもらうよう県内のすべての高校にDVDを配付いたしました。

 次に、(6)の展示ホールでございますが、議事堂1階に設けており、議会の仕組みや歴史、フォトコンテストの受賞作品、埼玉県議会だより等の広報物などを展示しております。

 次に、(7)の夏休み親子議事堂見学会の開催でございますが、小学生の子どもとその保護者を対象として、本会議場や議長室を見学しながら、議会について楽しく学んでもらっております。
 平成29年度は、選挙管理委員会と協同し、模擬投票なども実施いたしました。

 最後に、「3 政策立案機能の充実・強化に向けた取組」でございます。
 議会議論の質の向上および活性化を図るため、平成17年度より議員政策研修会を実施しております。平成29年度は德川家広氏を講師に迎え、「徳川400年から読む埼玉の未来」と題してご講演いただきました。

「13都道府県議会議長会」とは

 大都市を有する北海道、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、広島および福岡の各都道府県議会の議長と副議長をもって組織されており、加盟都道府県相互の情報を交換し、緊密なる連絡協調の下に地方行政の民主化を期することなどを目的に昭和25年から設置されています。
 なお、次回会議は平成30年11月に福岡県で開催される予定です。

 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6257

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?