ここから本文です。

 

 

 

埼玉のうどん文化

 

 

埼玉県はうどんの生産量が全国2位となる「うどんの国」といえます。
麦栽培の技術を確立し、うどんの原料でもある小麦生産の礎を築いた権田愛三(1850年~1928年)も熊谷市出身。

埼玉県とうどんは深いゆかりがあります。
県内では日常の食事から冠婚葬祭などの行事でもうどんが食べられてきました。
各地に様々なタイプのうどんがあり、現在、県内には大小合わせると25種類のうどんがあると言われています。
小麦の有数の産地である埼玉県のバラエティ豊かなうどん文化を紹介します。

※このページは、市町村・市町村観光協会等から御提供いただいた情報に基づき掲載しています。

地域のうどん文化

 田舎うどん 加須うどん かわじますったて

 熊谷うどん こうのす川幅うどん 煮ぼうとう

 にんじんうどん 鳩ヶ谷ソース焼きうどん 鳩豆うどん

 藤うどん 武州飯能うどん 武蔵野うどん

 めんこ もろやま華うどん