Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月10日

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

1 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは

SFTSウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。

2009年以降、中国で患者の報告があり、国内では2013年1月に初めて患者が確認されました。以降、年間数十名の患者が報告されています。また、過去にさかのぼって調査した結果、2005年から2012年までの間にさらに10名の方が重症熱性血小板減少症候群にかかっていたことが確認されました。

※埼玉県では、患者は発生していません。

多くの場合、SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染します。また、発症したイヌ・ネコの体液等から感染する可能性もあります。潜伏期間は6日から2週間と言われています。

症状としては、原因不明の発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が中心です。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全症状、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。

2 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布

これまでのところ、重症熱性血小板減少症候群の患者は、西日本を中心に発生していますが、これまでに患者が報告された地域だけではなく、患者が報告されていない地域においても、SFTSウイルスを保有したマダニが見つかっています。(参考:国立感染症研究所「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」(再掲))

そのため、SFTS患者の発生が確認されていない地域でも注意が必要です。

3 予防のためには

マダニに咬まれないようにすることが重要です。

これは、重症熱性血小板減少症候群だけではなく、国内で毎年多くの報告例がある、つつが虫病や日本紅斑熱など、ダニが媒介する他の疾患の予防のためにも有効です。

注意点

特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては、マダニに咬まれる危険性が高まりますので次のポイントに注意しましょう。

  • 草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には、肌の露出を少なくする。
    例えば・・・長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる、または登山用スパッツを着用する)、足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋、首にタオルを巻く等
  • 服は、明るい色のものがお薦め。(マダニを目視で確認しやすい)
  • DEET(ディート)という成分を含む虫除け剤の中には服の上から用いるタイプがあり、補助的な効果があると言われています。
  • 屋外活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認する。
    (特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイント。)

※現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンはありません。

4 マダニに咬まれたらどうすればよいか

マダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日から、長いものは10日間以上)吸血しますが、咬まれたことに気がつかない場合も多いと言われています。

吸血中のマダニに気が付いた時、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残って化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまったりする恐れがあるので、医療機関(皮膚科)で処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらってください。

また、マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

参考

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館2階

電話:048-830-3557

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?