Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月19日

結核について

結核とは

結核は『昔の病気』と思われがちですが、現在でも1年間に全国で約2万人が結核と診断され、約2千人が亡くなっている病気です。

感染しても必ず発病するわけではなく、通常は免疫力により結核菌の増殖を抑え込みます。結核菌の増殖を抑えきれなくなった場合に発病します。

結核の症状

初期症状として、咳、たん、発熱など、風邪とよく似た症状がおおむね2週間以上続きます。

悪化すると、倦怠感、体重減少、喀血、呼吸困難などの症状へと発展する場合があります。

そのため、咳やたんなどの症状が長引く場合は、医療機関を受診して、なかなか治らない旨をしっかり伝えましょう。

 結核はどのように感染するか

結核菌は、重症化した結核患者の咳やくしゃみによる飛沫に混じって、空気中に排出されます。それを他の人が吸い込むと、感染が起こります。

しかし、軽症の結核患者であれば、咳やくしゃみをしても他の人に感染させることはほとんどありません。

結核の予防

健康診断の対象となっている人はきちんと受ける、2週間以上せきが続く場合はすぐに病院にかかる、などを個々人が徹底することが重要です。早期発見は重症化を防ぐだけでなく感染の拡大を防ぐためにも重要です。なお、結核にかかわらず、咳が出るときはマスクの着用など、咳エチケットに心がけましょう。

BCGは特に子供の結核予防に有効で、安全な予防接種として世界で広く用いられています。

結核とわかったとき

医療機関で結核と診断された場合、すぐに治療を開始することになります。

発病しているからといって、必ずしも他の人に感染させるわけではありません。感染させる恐れがない場合は通院治療を行いますが、日常生活には原則として制限はありません。

重症化して咳やくしゃみなどにより結核菌を体外に排出し、他の人に感染させる恐れがある場合は、入院治療となります。

入院となった場合でも、服薬治療を行い他の人へ感染させる恐れがなくなった場合は退院し、通院による治療になります。

高齢者は注意が必要です

県内で新たに登録された結核患者のうち、高齢者が半数以上を占めています。今後、高齢化が進むにつれ、この割合はさらに高くなることが予想されます。

高齢者の罹患率が高いのは、結核がまん延していた時代に感染し、今になって発病するケースが多いことが要因の一つとなっています。

結核予防週間

厚生労働省では毎年9月24日から30日を「結核予防週間」と定め、結核に関する正しい知識の普及啓発を図ることとしています。

県では結核予防週間に合わせ、懸垂幕、ポスター掲示などを実施します。

過去の取り組み

今回、予防週間に先立ち結核予防会埼玉支部と合同で下記のとおり街頭キャンペーンを実施します。

場所:JR大宮駅西口歩行者デッキ

日時:9月23日(土曜日)午前10時から午後11時半まで

内容:複十字シール運動、啓発物品(ティッシュ、シール)配布 

※複十字シール運動とは…公益財団法人結核予防会が行っている「結核のない世界」をつくるための募金活動です。収益金は、結核予防の普及啓発活動、開発途上国への結核対策支援等に活用されます。

 

広報ポスター(厚生労働省作成)

平成29年度結核予防週間ポスター

(PDF:306KB)

 

<関連情報> 

厚生労働省ホームページ 

結核予防会ホームページ

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3557

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?