Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 危機管理・防災・防犯等 彩の国の安心・安全 > 引込線から火花が発生したときは

 

掲載日:2018年10月5日

危機管理・防災・防犯等 彩の国の安心・安全

ここから本文です。

引込線から火花が発生したときは

県内の複数の消防本部から、住宅への引込線(電柱から建物に電気を送る電線)から火花が「バチ、バチ」と発生し、消防車が出場したという情報が寄せられています。

東京電力に確認したところ、台風などの影響により塩分や埃などの不純物が付着した引込線に、雨水が侵入して絶縁が低下することで、引込線から火花が発生することがあるとのことです。

引込線から火花が発生した場合は、以下の対応をお願いします。

  1. 電線に触らない、近づかない。
  2. 建物内に設置された分電盤のブレーカーを切る。
  3. 東京電力へ連絡する。
    電話番号:0120-995-007(問い合わせ窓口)
  4. 火災の危険性がある場合は、近くの消防署へ連絡する。

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課 予防担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8161

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?