Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月1日

知事コラム

「埼玉県は関東の中心!?」

毎月初めのNACK5「モーニングスクエア」では知事の肉声でお届けしています。

知事写真

 テレビドラマ「陸王」の舞台になった行田市にある埼玉(さきたま)古墳群は、県名発祥の地である埼玉(さきたま)に位置します。前方後円墳8基と日本最大の円墳1基が残っていて、このうちの稲荷山(いなりやま)古墳から国宝・金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)が発見されました。この鉄剣に刻まれた文字からは、471年、鉄剣を作らせた人物が先祖8代にわたって杖刀人首(じょうとうじんのかしら)(護衛隊長)として大王(おおきみ)(天皇家)に仕えてきたことが分かります。この人物が仕えた「ワカタケル大王」は雄略(ゆうりゃく)天皇であると推定されています。このことから、当時、行田市周辺は時の政権と密接な関係を持つ重要な場所だったのではないかと想像できます。
 さらに、埼玉県が関東の中心であったことは927年にまとめられた「延喜式(えんぎしき)」からも推測されます。延喜式は当時のいわゆる法令集で、その中には神名帳(じんみょうちょう)と呼ばれる全国の神社一覧があります。そこに記された神社はいわば朝廷が認めた神社であり、式内社(しきないしゃ)と呼ばれて全国に2,861社ありました。
 注目したいのは、この式内社の分布です。武蔵国(むさしのくに)(現在の東京都、埼玉県および神奈川県北東部)には43社あります。そのうち神奈川県分と東京都分の合計が11社で、埼玉県分はなんと32社あります。相模国(さがみのくに)(同神奈川県)13社、安房国(あわのくに)(同千葉県南部)6社、上総国(かずさのくに)(同千葉県中央部)5社、下総国(しもうさのくに)(同千葉県北部と茨城県の一部)11社、常陸国(ひたちのくに)(同茨城県)2社、上野国(こうずけのくに)(同群馬県ほぼ全域)12社、下野国(しもつけのくに)(同栃木県)12社ですので、埼玉県は関東の各県と比べて断トツの多さです。
 少なくとも古代から平安の初期まで、埼玉県は関東の中心だったというロマンをかき立てます。
 式内社の一つで、埼玉古墳群に隣接する前玉(さきたま)神社の別名は「幸魂(さいわいのみたま)神社」です。この「前玉」が「埼玉」の語源といいますから、埼玉県には人を幸せにする力が宿っているかもしれません。

埼玉県知事 上田清司

ホームページ「知事の部屋」
http://www.pref.saitama.lg.jp/kense/koho/chiji/index.html

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2854

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?