Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月1日

伝統と革新


▲題字:本庄第一高校書道部による「書道パフォーマンス」。音楽に合わせて縦4m×横6mの大きな紙に文字や絵を表現する「書道パフォーマンス」に力を入れている同部。毎年夏に行われる「書道パフォーマンス甲子園」への出場を目標に活動しています。

伝統文化や新しい「和」の文化。
県では、「ラグビーワールドカップ2019TM」「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に向け、その魅力を発信していきます。

伝統と革新
文化で彩る埼玉の秋

 世代を超えて現在に受け継がれている伝統的な「和」の文化。時代の変化を受けて生み出された新しい「和」の文化。「伝統と革新」に満ちた多彩な埼玉の文化を未来へ―。
 県では今年10月から12月を「オール埼玉文化強調月間2018」として、さまざまな文化イベントを開催します。来る国際的なスポーツイベントで世界中から来県する人々をもてなせるよう、埼玉の文化を知ってみませんか。
★市町村、文化団体などが実施するイベントもあります。詳細はホームページをご覧ください。

一 見て、感じて、楽しめる

 盆栽や生け花、伝統芸能、食文化など埼玉の伝統文化や新しい「和」の文化を一堂に集めたイベント。ぜひ、足をお運びください。

【日時】10月13日(土曜日)午前10時から午後7時30分
       14日(日曜日)午前10時から午後4時
【場所】県大宮公園(大宮公園駅下車徒歩7分)他
★雨天決行(荒天の場合は中止)
★詳細は公式ホームページをご覧ください。

ステージイベント(パフォーマンス・ライブなど)

主な出演者

13日(土曜日)

・武田真治×藤原道山(どうざん):サックス×尺八ライブ
・元(はじめ)ちとせ:スペシャルライブ

・シーラ・クリフ、NPO法人川越きもの散歩:着物ショー
・平尾成志(まさし):盆栽パフォーマンス
・矢部澄翔(ちょうしょう):書道パフォーマンス
・若者能(わかもののう):薪能(たきぎのう)

・秩父屋台囃子(ばやし)保存会:秩父屋台囃子
・サイタマティック:和楽器カルテット
・東京マンガ:口琴(こうきん)テクノポップ
・(一財)日本太鼓協会:和太鼓
・Bamboo flute orchestra(バンブー フルート オーケストラ):尺八
・南越谷阿波踊り振興会:祭りパフォーマンス

14日(日曜日)

・山口晃司:津軽三味線×ヒューマンビートボックス 他
・和太鼓 彩(さい):和太鼓

・三遊亭鬼丸(さんゆうていおにまる):落語
・杉田康(こう):いけばなパフォーマンス
・山田香織:盆栽体験とトークショー

・AJIGUL(アジグル):尺八とキーボードライブ
・中台囃子連(なかだいはやしれん):川越祭りばやし
・(一財)日本太鼓協会:和太鼓
・Yosakoi(よさこい):祭りパフォーマンス

・浦和明の星女子中学・高校:百人一首
・城西大学付属川越高校:和太鼓
・本庄第一高校:書道パフォーマンス

スペシャルゲスト

 奄美シマ唄とポップスを融合させ、新たな「和」のライブを披露。


▲元 ちとせさん(歌手)

薪能

 初心者や外国人にも分かりやすい能をコンセプトに上演。


▲若者能

着物ショー

 秩父や川越の着物を用いて、基本の着こなし方から型にはまらない斬新な着こなし方まで楽しく紹介。


▲シーラ・クリフさん
(十文字学園女子大学教授・着物研究家)

▲NPO法人川越きもの散歩

書道パフォーマンス

 日本の伝統的な書道を音楽に合わせてダイナミックに表現する書道パフォーマンス。新たな書道の魅力を発信します。


▲矢部 澄翔さん(書道家)

▲本庄第一高校書道部

12月16日(日曜日)埼玉伝統芸能フェスティバル開催!

竹間沢車人形(ちくまざわくるまにんぎょう)(三芳町)、貴布祢(きぶね)神社神楽(かぐら)(秩父市)、塚越(つかごし)ばやし(坂戸市)の公演が埼玉会館(さいたま市浦和区)にて行われます。

【問合せ】県文化振興課
(電話:048-830-2882 ファックス:048-830-4752)

二 心のバリアフリーを広げよう

近藤良平と障害者ダンスチーム「ハンドルズ」の公演

「今はただ だまって見てて ほしいのよ」

 県内の障害者が長期間の練習を経て結成した同チーム。今年は埼玉栄高校ダンス部と共演!笑いと感動あふれる舞台をお楽しみください。


▲前回公演「どうするの あしたのよていが きになるの」

【日時】11月10日(土曜日)午後3時から
【場所】彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市中央区)
★与野本町駅下車徒歩7分
【料金(全席指定)】2,000円、障害者とその付き添いの人は1,000円
※障害者手帳をご提示ください。
★車いすでの入場やヒアリングループの利用を希望する場合はチケット購入時にお申し出ください。

【チケット販売】同劇場 (電話:0570-064-939)

【プロフィル】
近藤 良平さん

 振付師、ダンサー。学ランで踊る男性だけのダンス集団「コンドルズ」主宰。CMなどでの振り付け、全国でのワークショップを行っている。

ソニックシティ・オープン30周年記念事業
障害者アートフェスティバル in SONIC(ソニック)

 コンドルズメンバーによる障害のある人向けダンスワークショップや「障害者アート企画展」など、さまざまなイベントを開催します!
【日時】11月23日(金曜日・祝日)から25日(日曜日)
午前10時から午後6時(25日は午後3時まで)
【場所】ソニックシティ(さいたま市大宮区)★大宮駅下車徒歩3分

【問合せ】県障害者福祉推進課
(電話:048-830-3312 ファックス:048-830-4789)

三 芸術文化を身近に楽しもう

埼玉県芸術文化祭2018

芸術文化ふれあい交流フェア

 さまざまな芸術文化を1日で鑑賞・体験できるイベント。埼玉の芸術文化の魅力、つながり、広がりに触れてみてください。


▲「Youth Theatre Japan(ユース シアター ジャパン)」
による小中学生のパフォーマンス


▲現役大学生大道芸人「まさきち」さん
によるパフォーマンス

 舞台「埼玉の四季【ひろがる人と文化の輪】」、大学生を中心とした若手が企画・出演する野外ステージ、細川紙を使った折り紙体験、糸電話を使った楽器「ストリングラフィ」のワークショップなどを行います。
【日時】11月24日(土曜日)午前10時から午後4時30分
【場所】さいたま文学館(桶川市)、桶川市民ホール、桶川駅西口公園、桶川マイン3階イベントスペース

【問合せ】県文化資源課
(電話:048-830-6921 ファックス:048-830-4965)

四 アニメの聖地を世界へ

 数々のアニメ・マンガ作品の舞台になっている埼玉県。世界に向けて「埼玉の魅力」を発信します。

 「アニメと観光」をテーマとした、コンサートあり、ステージショーあり、グッズ販売ありの、アニメ・マンガの総合イベント。
【日時】10月14日(日曜日)午前10時から午後5時
【場所】ソニックシティ(さいたま市大宮区)★大宮駅下車徒歩3分


▲海外からもファンが集結!(「コスプレ撮影会」の様子)

 埼玉にゆかりのあるアニメの舞台を巡ろう!クイズに答えてキーワードを完成させた人にオリジナルグッズをプレゼント!

【問合せ】県観光課
(電話:048-830-3955 ファックス:048-830-4819)


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2854

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?