Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年7月 > 新型コロナウイルス感染症患者の一時行方不明について

ここから本文です。

 

発表日:2020年7月31日19時

県政ニュース

新型コロナウイルス感染症患者の一時行方不明について

部局名:保健医療部
課所名:感染症対策課
担当者名:唐橋・渡邊

直通電話番号:048-830-7500
Email:a3510-17@pref.saitama.lg.jp

令和2年7月30日夜間に、県内医療機関で入院加療中であった新型コロナウイルス感染症患者(40代・男性、春日部市在住)が入院先の医療機関を無断で外出し、一時行方不明となる事例が発生した。

1 経過

  • 7月13日  発症。
  • 7月16日  PCR検査結果が陽性と判明したため、春日部保健所の入院勧告に基づき羽生総合病院に入院。
  • 7月30日22時頃  羽生総合病院から無断で外出。タクシーを利用して自宅に戻り、自家用車に乗り換えた後、一時行方不明となる。
  • 7月31日2時頃  家族が行方不明者届を最寄りの警察署に届出。

                    10時頃  川越市内で警察官が自家用車を発見し、現地で待機させる。

                    12時頃  春日部保健所職員が本人と合流し移動開始。

                               小江戸はつかり温泉川越店を利用(9-10時)したことが判明。

                    14時     医療機関Aへ転院。

2 今後の対応

  • 患者が行方不明中に立ち寄った場所の特定と消毒。
  • 患者が行方不明中に接触した方の特定と検査及び健康観察。
  • 小江戸はつかり温泉川越店については感染対策の徹底を確認しており、川越市保健所が濃厚接触者はいないことを確認済み。
  • 今後、入院勧告に基づき入院しない患者に対しては措置に踏み切ることを検討していく。

 

*このたびの公表は患者が立ち寄った場所の利用者が特定できないため、同時間帯に同じ施設を利用されている方への感染拡大防止のために公表するものです。

県政ニュースのトップに戻る