Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 結核患者の接触者に対する健診の勧奨漏れについて

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月28日14時

県政ニュース

結核患者の接触者に対する健診の勧奨漏れについて

部局名:保健医療部
課所名:鴻巣保健所
担当名:保健予防推進担当
担当者名:八木原、鈴木

直通電話番号:048-541-0249
Email:m426461@pref.saitama.lg.jp

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:感染症・新型インフルエンザ担当
担当者名:霜田、渡邊

直通電話番号:048-830-3557
Email:a3510-17@pref.saitama.lg.jp

鴻巣保健所において、結核患者の接触者(80代・女性)に対して本来実施すべき受診勧奨を行わなかった事例が発生した。

1 経過

  • この接触者の女性は、平成29年2月に、接触者健診を受診した結果、発病はしていなかった。その後、鴻巣保健所において、医療機関を受診するよう勧奨するが、当該女性の全身状態から受診できなかった。このため、6か月ごとに胸部エックス線検査を行い、経過観察することとなっていたが、担当者が失念して、継続的な受診勧奨を実施しなかった。
  • 平成30年10月に咳症状出現。12月7日に全身状態が悪化し救急搬送され肺結核と診断。12月17日に死亡した。
  • ご家族には、鴻巣保健所から経緯を説明し、謝罪した。

2 原因

  • 鴻巣保健所では、接触者健診対象者の一覧表を作成していなかった。
  • また、健診を病院等に委託している場合は、対象者の結核健診票も作成していなかった。
  • このため、複数の職員で進捗状況を把握することができなかった。

3 今後の対応

  • 死亡した者の接触者(16名)に対する健診を確実に実施する。
  • 鴻巣保健所における健診管理体制の見直しを行う。
  • 全保健所に対し健診対象者に対する適切な管理を徹底する。

県政ニュースのトップに戻る