Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > ホルムアルデヒド検出に係る損害賠償請求訴訟の和解について

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月27日14時

県政ニュース

ホルムアルデヒド検出に係る損害賠償請求訴訟の和解について

部局名:企業局
課所名:水道企画課
担当者名:小口・清水

内線電話番号:7052
直通電話番号:048-830-7055
Email:a7050@pref.saitama.lg.jp

平成24年5月、DOWAハイテック(株)が産業廃棄物処理業者に処理委託した廃液中のヘキサメチレンテトラミンが十分に処理されずに河川に放流され、利根川水系の浄水場において、浄水処理過程で使用する塩素とヘキサメチレンテトラミンが反応し、ホルムアルデヒドが発生しました。

業局では、原因物質を除去するために粉末活性炭の追加使用、事故対応のための水質検査費用及び人件費等の損害が発生しました。

このため、DOWAハイテック(株)に対し、東京都、茨城県、群馬県と共同で平成25年8月にさいたま地方裁判所に提訴していました。

成30年12月26日、上記訴訟の和解が成立しましたので、お知らせします。

1 和解の相手方

DOWAハイテック株式会社(被告)  埼玉県本庄市仁手(にって)1781

2 提訴日

平成25年8月30日

3 和解日

平成30年12月26日

4 和解の概要

⑴被告は、原告埼玉県に対し、金3,831万7,669円の支払義務があることを認める。

⑵被告は、同種事案の再発防止に努めるものとする。

5 和解金の内訳

粉末活性炭費用、水質検査費用、人件費等

6 その他

他の和解した原告側事業体  東京都、茨城県、群馬県

(参考)

1 これまでの経過

平成24年 5月18日

県営行田浄水場において、基準値を超えるホルムアルデヒドを検出したため、行田浄水場からの送水を平成24年5月19日まで停止(埼玉県内では、断水なし)

平成24年 7月26日

関係都県の水道事業体と共同で被った損害についての対応をDOWAハイテック(株)へ申し入れ

平成24年12月26日

DOWAハイテック(株)に対して損害賠償請求

平成25年 1月18日

DOWAハイテック(株)が損害賠償請求に応じない旨を回答

平成25年 8月30日

DOWAハイテック(株)に対し、損害賠償請求訴訟をさいたま地方裁判所に提訴

平成25年10月23日

第1回口頭弁論。その後、和解まで計38回の弁論準備手続

平成30年12月26日

さいたま地方裁判所にて和解

2 各水道事業体の和解額(参考)

埼玉県企業局

38,317,669円

東京都水道局

15,687,127円

茨城県企業局

  6,205,487円

群馬県企業局

  2,559,894円

合計

62,770,177円

※各事業体とも実損害額の全額

3 ホルムアルデヒドについて

色透明の気体で水に溶けやすい。眼や鼻、呼吸器などへの刺激性がある。合成樹脂の原料として使われ、消毒薬や防腐剤などにも使われる。発がん性があるとされている。

道水については、水道法第4条に基づく厚生労働省令において、0.08mg/ℓ以下の水質基準が定められている。

県政ニュースのトップに戻る