Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 県立さきたま史跡の博物館  さきたま古代体験「ガラス玉づくり」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月21日14時

県政ニュース

県立さきたま史跡の博物館  さきたま古代体験「ガラス玉づくり」を開催します

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:広報・学習支援担当
担当者名:大谷・加藤

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

県立さきたま史跡の博物館では、今年度も期間限定で「ガラス玉づくり」の体験を実施します。

ガラスの歴史は古く、古代メソポタミアや古代エジプトまで遡ります。日本においては、弥生時代前期末の遺跡から発見されています。古墳時代の遺跡からもガラス玉を制作した鋳型等が出土し、単色のガラス玉や色ガラスを複数用いて作られたとんぼ玉などが、副葬品の中からも発見されています。

1 体験の内容

バーナーでガラス棒を熔融し、点などの模様を入れたガラス玉を3個程度作成します。この体験は初心者向けです。ガラス玉づくり等を体験したことのない方にお勧めです。

2 開催日時

(1)期間

平成31年2月から3月10日までの土・日・祝日(計13日間)

2月2日(土曜日)・3日(日曜日)・9日(土曜日)・10日(日曜日)・11日(月曜日・祝日)・16日(土曜日)・17日(日曜日)・23日(土曜日)・24日(日曜日)

3月2日(土曜日)・3日(日曜日)・9日(土曜日)・10日(日曜日)

(2)体験時間(出来上がり時間)

1回目  9時10分~10時20分(出来上がり時間  11時10分頃)

2回目  10時40分~11時50分(出来上がり時間  12時40分頃)

3回目  12時50分~14時00分(出来上がり時間  14時50分)

4回目  14時20分~15時30分(出来上がり時間  16時20分頃)

※ガラス玉を冷却するため、お渡しは体験終了の約50分後になります。

3 場所

県立さきたま史跡の博物館  さきたま体験工房

(行田市埼玉4834)

4 対象

小学校5年生以上

※小学生は保護者の方の同伴が必要です。

5 定員

各回2名  1日8名限定

6 申し込み

平成31年1月4日(金曜日)午前9時から電話による受付(先着順)

7 参加費

1,100円(傷害保険料込み)

※別途観覧料が必要になります。一般200円、高校生・学生100円。

ただし、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料です。

※申し込み後のキャンセルは、体験希望日の3日前までに当館に御連絡願います。前々日以降のキャンセルの場合、傷害保険料100円をいただくこともあります。

8 その他

ガラス玉づくり体験実施中のまが玉づくり体験は、各回定員を40名から20名に変更して行います。

9 問い合わせ先

県立さきたま史跡の博物館(広報・学習支援担当)大谷・加藤

電話:048-559-1181  FAX:048-559-1112

ホームページ:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

又は『さきたま史跡』で検索 

 

県政ニュースのトップに戻る