Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 先端産業創造プロジェクト「医療機器等試作品コンテスト」の受賞試作品を決定!  12月25日(火曜日)に庁議室にて表彰式を行います

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月18日14時

県政ニュース

先端産業創造プロジェクト「医療機器等試作品コンテスト」の受賞試作品を決定!  12月25日(火曜日)に庁議室にて表彰式を行います

部局名:産業労働部
課所名:先端産業課
担当名:推進担当
担当者名:柳沢、木村、杉山

内線電話番号:3737
直通電話番号:048-830-3737
Email:a3760-03@pref.saitama.lg.jp

玉県では、医療機器・福祉機器等の優れた試作品に脚光を当て今後の市場化を支援する「医療機器等試作品コンテスト」を11月に開催し、このたび、受賞者を決定しました。表彰式を平成30年12月25日(火曜日)に開催します。

「医療機器等試作品コンテスト」の特徴

全国でも珍しい試作品にスポットを当てたコンテスト

医療機器等は、治験や販路確保など、試作品完成後にも市場化するまで多大な手間と費用がかかる分野です。埼玉県では試作品にスポットを当てた全国でも珍しいコンテストを開催し、市場化の後押しをします。

受賞者に賞金を授与

今後の事業化支援資金として、グランプリ受賞者には500万円、準グランプリ受賞者には300万円、奨励賞受賞者には200万円の賞金を授与します。

各種展示会への出展や広報等により広くPRし、市場化を支援

国内最大級の展示商談会「彩の国ビジネスアリーナ2019」(1月30日(水曜日)~31日(木曜日)さいたまスーパーアリーナ)において、受賞試作品の展示を行います。

受賞試作品の概要

【グランプリ】(1件)

受賞試作品  気管切開患者向け発声サポート器具

受賞者        泉工医科工業株式会社(東京都文京区、事業所:春日部市)

概要           気管切開手術を受け発声機能を失った患者が、発声できるようにするための発声補助具。発声の際にバルーンで気管孔を塞ぐことにより、

苦痛なく安全に発声することができる。

【準グランプリ】(1件)

受賞試作品  腹腔鏡手術トレーニングシステム

受賞者       株式会社寿技研(八潮市)

概要          手術経験の浅い医師向けの腹腔鏡手術用トレーニング装置。プロジェクションマッピングやCG映像とのリアルタイム合成により、

『臨場感』と『リアルな感触』を伴った、手技向上に効果の高いトレーニングが可能となる。

【奨励賞】(3件)

受賞試作品  人工透析用注射針取り外し器具

受賞者        株式会社KSK(東松山市)

概要           人工透析用の注射針の針外し作業を片手で行える器具。従来の手法と違い、針の部分に触れないため、針刺し等のリスクが非常に低い。

 

受賞試作品  難聴者向けバリアフリーメガフォン

受賞者       株式会社サウンドファン(東京都台東区)

概要          難聴者にも音が聴こえやすい全く新しい構造(曲面振動版)のメガフォン。災害時やイベント時に、耳の不自由な方にも必要な情報提供を

 することができる。

 

受賞試作品  前腕回内回外リハビリ装置

受賞者       株式会社安川電機(福岡県北九州市、事業所:入間市)

概要          脳血管疾患などによる前腕回内・回外運動機能障害を持つ患者向けのリハビリテーションロボット。ロボットがリハビリを実施することで、

  療法士の身体的負担軽減と、定量的なリハビリの実施・記録を実現出来る。

表彰式

日時  平成30年12月25日(火曜日)13時30分~14時00分

場所  埼玉県庁  庁議室(本庁舎2階)

問い合わせ先

埼玉県 産業労働部 先端産業課 推進担当  柳沢、木村、杉山

電話  048-830-3737(内線:3737)  FAX  048-830-4816

E-mail  a3760-03@pref.saitama.lg.jp

参考「医療機器等試作品コンテスト」の概要

1 応募資格/募集対象

埼玉県内の企業、もしくは埼玉県内の企業と連携して事業化を目指す企業が開発した医療機器・福祉機器等の試作品で、まだ製品化されていないもの

2 コンテストの概要

  • 募集期間:7月10日(火曜日)~8月27日(月曜日)応募総数:16件
  •  コンテスト(公開プレゼンテーション審査):11月6日(火曜日)来場者数87名

※応募試作品の展示商談会や知財相談会、薬事相談会も併せて開催

3 選考方法

審査委員会での審査を経て、埼玉県知事が決定

(審査委員会は菊地眞委員長((公財)医療機器センター理事長)をはじめ、大学・医療機関や医療機器業界団体などの有識者7名で構成)

4 ホームページ

http://www.saitama-leading-edge-project.jp/medical/contest/

【参考:受賞概要】(PDF:454KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。