Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 全国初!「特別支援子ども大学」で学びの支援  特別支援子ども大学「子ども大学ベアりす☆ひがしまつやま」が開校

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月11日14時

県政ニュース

全国初!「特別支援子ども大学」で学びの支援  特別支援子ども大学「子ども大学ベアりす☆ひがしまつやま」が開校

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:生涯学習・社会教育担当
担当者名:長谷川・浅見

内線電話番号:6914
直通電話番号:048-830-6914
Email:a6975-03@pref.saitama.lg.jp

「子ども大学」は、平成14年(2002年)にドイツで始まり、平成21年(2009年)3月には、日本で初めて「子ども大学かわごえ」が誕生しました。県教育委員会では、この取組をモデルに平成22年度から、子供の学ぶ力や生きる力を育むとともに、地域で地域の子供を育てる仕組みを創るため、子ども大学の開校を推進しており、現在は県内各地に広がっております。各子ども大学では、大学のキャンパス等を会場に、大学教授や地域の専門家等が講師となり、子供の知的好奇心を刺激する講義や体験活動が行われています。

この度、障害者の生涯にわたる学びの支援として、新たに『特別支援子ども大学「子ども大学ベアりす☆ひがしまつやま」』を開校しました。障害のある児童生徒の学びを支援する子ども大学は全国で初めてとなります。

1 概要

障害のある児童生徒の知的好奇心を刺激するとともに、家庭や地域で他者と関わり、生涯学習への動機づけとするため、大学等での学習機会を提供します。

全国初となる特別支援子ども大学「子ども大学ベアりす☆ひがしまつやま」は、立正大学、社会福祉法人昴、社会福祉法人雑草福祉会、東松山市校長会、東松山特別支援学校、東松山市、東松山市教育委員会、埼玉県教育委員会で構成する実行委員会が企画・運営をしています。

2 対象

(1) 県立東松山特別支援学校、川島ひばりが丘特別支援学校、熊谷特別支援学校の児童生徒(小学部4年~高等部3年)

(2) 東松山市立小・中学校の特別支援学級及び滑川町立小・中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒(小学校4年~中学校3年)

3 参加人数

9名

4 日程等

(1) 平成30年11月10日(土曜日)立正大学熊谷キャンパス

「大学キャンパスたんけん~生き物さがし」

(2) 平成30年11月17日(土曜日)松山市民活動センター

「小麦粉がなぜふくらむのか?!~パン作り体験~」

(3) 平成30年11月25日(日曜日)県立松山女子高等学校

「世界に一つだけの芸術作品をつくろう~書道体験~」

(4) 平成30年12月15日(土曜日)13時30分~15時00分  県立東松山特別支援学校

「ラグビーワールドカップがやってくる!~ラグビー体験~」

(5) 平成30年12月15日(土曜日)15時30分~16時00分  立正大学熊谷キャンパス

「子ども大学くまがや・なめがわとの交流~演劇鑑賞~」

(6) 平成31年1月19日(土曜日)10時30分~12時00分  すみだ水族館

「すみだのペンギンのお話~水族館見学とお話~」

 

※子ども大学(埼玉県教育委員会)ホームページ

県政ニュースのトップに戻る