Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 若年性認知症の方と家族及び支援専門職の交流スポーツイベントを開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月4日14時

県政ニュース

若年性認知症の方と家族及び支援専門職の交流スポーツイベントを開催します

部局名:福祉部
課所名:地域包括ケア課
担当名:認知症・虐待防止担当
担当者名:本橋・新井

内線電話番号:3251
直通電話番号:048-830-3251
Email:a3250-05@pref.saitama.lg.jp

認知症は65歳未満でも発症することがあり、「若年性認知症」と言われています。

若年で認知症を発症した場合には、当事者や家族は就労や家計の問題、配偶者への過度な負担など多くの課題に直面しますが、比較的人数が少ない(※1)ことから、支援専門職(※2)が当事者と関わる機会は多くありません。

このため、当事者や家族が社会とのつながりを持つとともに、体を動かすことでストレスを発散させること、支援専門職が当事者との交流を通じて正しい理解をすることを目的として、下記のとおりスポーツイベントを開催します。

当事者や家族が楽しめるとともに、若年性認知症の普及・啓発を推進するイベントを当事者や家族、支援専門職、協力団体、主催者が一丸となって盛り上げます。

※1 埼玉県内で約2,000人(推計値)

※2 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、看護師、精神保健福祉士、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員  等

1 日時及び会場

平成30年12月8日(土曜日)12時~16時30分(開場 11時30分)

さいたま市与野体育館(さいたま市中央区下落合5-8-10)

2 目的

  • 若年性認知症の当事者・家族が社会とのつながりを持つとともにスポーツを通じて日頃のストレスを発散させること
  • 支援専門職が若年性認知症当事者との交流を通じて正しい理解をすること

3 主催

埼玉県、さいたま市、公益社団法人認知症の人と家族の会埼玉県支部

一般社団法人埼玉県作業療法士会

4 その他

詳細については、別添の案内チラシ(PDF:5,288KB)を御覧ください。

 

若年性認知症については、以下のホームページも御参照ください。

(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0609/ninchisyosesaku/jakunen.html

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。