Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年9月 > 介護保険事業者等の指定取消及び効力の停止処分について

ここから本文です。

 

発表日:2017年9月21日14時

県政ニュース

介護保険事業者等の指定取消及び効力の停止処分について

部局名:福祉部
課所名:高齢者福祉課
担当名:施設・事業者指導担当
担当者名:庄司

内線電話番号:3267
直通電話番号:048-830-3247
Email:a3240-11@pref.saitama.lg.jp

 介護保険法、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び生活保護法の規定に基づき、下記のとおり、介護保険・障害福祉サービス事業者及び指定介護機関が運営する事業所の指定取消及び効力の停止処分を行いましたので、お知らせします。

 

1 対象事業者

 (1)法人    株式会社  虹彩(にじ)

 (2)代表者    代表取締役 大舘るり子 

 (3)所在地    所沢市荒幡130-5

 (4)事業所名 (イ)虹の(にじのいろ) ケアセンター (ロ)デイサービス虹の(にじのいろ)

 

2-1 対象事業所

 (1)事業所名                虹の彩ケアセンター

 (2)所在地                   所沢市荒幡130-5

 (3)介護保険事業所番号  1172503110

 (4)サービスの種類       (イ)訪問介護、介護予防訪問介護(介護保険サービス)

                                   (ロ)居宅介護、重度訪問介護、同行援護(障害福祉サービス)

 (5) 指定年月日            平成21年7月1日(同行援護のみ平成25年4月1日)

 (6) 処分内容               指定取消

 (7) 根拠法令              介護保険法第77条第1項第6号、第8号及び第115の9条第1項第9号、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援

                                    するための法律第50条第1項第5号及び第10号並びに生活保護法第54条の2第4項で準用する同法第51条第2項第8号

 

 (8)処分理由               (イ) 不正請求 

                                    ・ 訪問介護サービスを提供していないにもかかわらず、不正に介護報酬を請求し受領したこと。(介護)

                                      ・ 居宅介護サービスを提供していないにもかかわらず、介護給付費を不正に請求し受領したこと。(障害)

                                      ・ 職員でない者が提供した訪問介護サービスを職員が提供したと偽り、不正に請求し受領したこと。(介護)

                                      ・ ケアプランに記載されていない訪問介護サービスを提供し、不正に介護報酬を請求し受領したこと。(介護)

                                  (ロ) 監査における虚偽答弁

                                      ・ 事業代表者は不正の事実を認めず、虚偽の答弁をして監査を妨害したこと。

                                  (ハ) 障害福祉サービスの不正行為

                                       ・ 不正請求を行うため、虚偽のサービス提供記録を作成したこと。 

 (9)不正請求額            2、605、910円 

 (10)取消処分年月日    平成29年9月19日

                                 (ただし、指定取消し年月日は、利用者のサービスの円滑な移行を図るため、平成29年10月1日とする。)

 

 2-2 対象事業所

 (1)事業所名               デイサービス虹の彩

 (2)所在地                  所沢市荒幡130-5

 (3)介護保険事業所番号 1172503656

 (4)サービスの種類       介護予防通所介護

 (5)指定年月日            平成24年4月1日

 (6)処分の内容            指定の全部効力停止6月

 (7)根拠法令                 介護保険法第115条の9第1項第2号及び第8号並びに生活保護法第54条の2第4項で準用する同法第51条第2項第8号

 (8)処分理由            (イ) 虚偽の変更届出

                                     ・  管理者及び生活相談員が1か月間不在であったことを隠すため、事業代表者が雇用契約書を偽造し、虚偽の書類を添付

                                            して県に届け出たこと。

                                     ・ 機能訓練指導員が平成28年12月から不在であったことを隠すため、事業代表者が雇用契約書を偽造し、虚偽の書類を

                                           添付して県に届け出たこと。

                                (ロ) 人員基準違反

                                    ・ 管理者、生活相談員及び機能訓練指導員を配置していない期間があったこと。

(9)処分年月日           平成29年9月19日

(10)効力停止期間      平成29年10月1日から平成30年3月31日まで(6月間)

 

3 その他

  埼玉県が行う介護保険事業者に対する取消処分は、介護保険制度が開始された平成12年度から数え、通算14事案目となる。

 

その他担当課 

  福祉部 福祉監査課

   小峰

   直通 048-830-3440

   内線 3266

 

  福祉部 障害者支援課

  地域生活支援担当 岩下

  直通 048-830-3317

  内線 3318

 

  福祉部 社会福祉課

  医療保護・ホームレス対策担当 江森、岡野

  直通 048-830-3282 

  内線 3283 

 

県政ニュースのトップに戻る