Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年9月 > 救急医療を大幅に改善した功労者等を表彰します

ここから本文です。

 

発表日:2017年9月5日14時

県政ニュース

救急医療を大幅に改善した功労者等を表彰します

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:髙野・島元

内線電話番号:3559
直通電話番号:048-830-3559
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

 本県の救急搬送人員は年々増加しており、平成28年の実績は約29万7千人と過去最高を記録している一方、救急患者を受け入れる医療機関は減少傾向にあります。

 このような状況の中で救急医療の更なる充実を図るためには、救急搬送の迅速化や受入医療機関の整備・充実、適正受診の推進に努めることに加え、救急医療に対する医療関係者の意識の高揚が不可欠です。

 そこで県では、救急患者受入件数、受入率を大幅に改善した医療機関(各々上位3位以内の実績があるもの)及び個人などに対して次のとおり表彰を行います。

 併せて、一般社団法人埼玉県医師会会長により、多年にわたる救急医療への貢献に対する表彰も行われます。

 なお、本表彰は9月9日の「救急の日」に合わせ、毎年9月に行っています。 

1 主催

 埼玉県、一般社団法人埼玉県医師会

2 日時

 平成29年9月8日(金曜日) 午後2時~午後2時45分

3 場所

 知事公館 1階 大会議室

4 出席者

 埼玉県 奥野副知事、一般社団法人埼玉県医師会 金井会長、

 受賞者(知事表彰13名、医師会長表彰23名) 

5 知事表彰受賞者

(1)救急医療功労医療機関【7医療機関】( )内は所在地

ア 受入件数改善部門

 一般社団法人巨樹の会新久喜総合病院(久喜市)

 自治医科大学附属さいたま医療センター(さいたま市)

 埼玉協同病院(川口市)  

イ 受入率改善部門

 一般社団法人巨樹の会新久喜総合病院(久喜市)※再掲

 医療法人熊谷総合病院(熊谷市)

 医療法人顕正会蓮田病院(蓮田市)

ウ 特殊救急(耳鼻咽喉科)部門

 さいたま市立病院(さいたま市)

エ その他部門(救命救急センター、搬送困難事案受入医療機関)

 獨協医科大学越谷病院(越谷市)

 

(2)救急医療功労者【6名、五十音順】

 池袋 賢一 医療法人社団誠弘会池袋病院(川越市)

 平澤 邦夫 深谷赤十字病院(深谷市)

 福島 春海 医療法人良仁会桜ヶ丘病院(深谷市)

 保坂 浩史 岩槻中央病院(さいたま市)

 細田 洋一郎 独立行政法人地域医療機能推進機構 埼玉メディカルセンター(さいたま市)

 益子 研土 医療法人益子会(社団)児玉中央病院(本庄市)

 

(参考)埼玉県医師会長表彰受賞者

(1)救急医療功労医療機関【4医療機関】

 医療法人寿康会 寿康会病院(川口市)

 独立行政法人国立病院機構 西埼玉中央病院(所沢市)

 医療法人狭山中央病院(狭山市)

 医療法人土屋小児病院(久喜市)

 

(2)救急医療功労者【18名】

 阪 正晴 阪医院(さいたま市)

 飯島 竜之 飯島医院(さいたま市)

 増田 俊和 医療法人直心会 帯津三敬病院(川越市)

 肥留川 恒樹 肥留川診療所(熊谷市)

 石井 義則 医療法人葦の会 石井クリニック(行田市)

 小山 祐康 医療法人栗原内科医院(蕨市)

 中村 啓 医療法人社団慈心会 中村医院(鴻巣市)

 榎本 哲 医療法人社団淳真会 榎本医院(上尾市)

 林 淳慈 医療法人社団武蔵野会 新座志木中央総合病院(新座市)

 細谷 雄治 細谷医院(入間市)

 吉松 春彦 医療法人産春会 吉松医院(坂戸市)

 野﨑 信行 耳鼻咽喉科野﨑医院(小川町)

 高橋 公男 医療法人高橋外科整形外科(本庄市)

 荒井 泉 医療法人葵 深谷中央病院(深谷市)

 中田 代助 医療法人社団弘人会 中田病院(加須市)

 清村 忠雄 医療法人社団南越谷病院(越谷市)

 渡邊 真司 医療法人社団庄和会 庄和中央病院(春日部市)

 東 秀昭 医療法人東内科小児科病院(幸手市)

 

(3)救急医療搬送業務功労機関【1機関】

 川越地区消防組合

 

(参考)救急の日とは

 救急医療や救急業務に対する正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、国、都道府県、市町村、公益社団法人日本医師会、全国消防長会等が主催し、9月9日を「救急の日」としています。9月9日を含む1週間(今年は9月3日から9日まで)は「救急医療週間」となっています。

 

県政ニュースのトップに戻る