Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年9月 > 厳しい環境の商店街に新たな施策を外部有識者による「商店街振興のあり方検討会」~9月8日に第2回会議を開催~

ここから本文です。

 

発表日:2017年9月4日14時

県政ニュース

厳しい環境の商店街に新たな施策を外部有識者による「商店街振興のあり方検討会」~9月8日に第2回会議を開催~

部局名:産業労働部
課所名:商業・サービス産業支援課
担当名:商業担当
担当者名:荏原 西野 

内線電話番号:3768
直通電話番号:048-830-3761
Email:a3750-10@pref.saitama.lg.jp

 

 これからの商店街振興のあり方を考え、より効果的かつ新たな施策を検討するため、商業・まちづくり・金融・メディアなど各界の有識者による「埼玉県商店街振興のあり方検討会」(以下「検討会」という)を7月に設置しました。

 第2回の会議について以下のとおり開催します。今回は、第1回の議論をふまえた中間報告の骨子案について協議を行うとともに、川越市、草加市、寄居町の先進的な取組事例等について関係団体から発表していただく予定です。

 

1 日時

 平成29年9月8日(金曜日)14時30分~17時00分

 

2 場所

 さいたま市民会館うらわ 1F 101集会室(さいたま市浦和区仲町2-10-22)

 

3 内容

(1)中間報告骨子(案)について

(2)事例発表(予定)

 ・クラウドファンディングによる空き店舗の活用事例

                                         株式会社80%(川越市)

 ・大型店や他商店街等と連携した商店街活性化事例

                                           草加市わいわいロード商店街振興組合(草加市)

 ・空き店舗ゼロプロジェクト事業 寄居町商工会(寄居町)

 ・商店街診断の実例 公益財団法人埼玉県産業振興公社

 

(3)自由討議

 

4 委員

 別記のとおり

 

5 その他

 ・会議は原則として公開とし、傍聴者の定員は10名程度(先着順)とします。傍聴希望の方は、直接会場にお越しください。受付は開始時刻の30分前から10分前までになります。

 ・10月に第3回を開催する予定です。

 ・ホームページ:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0802/kentoukai/kentoukai.html

 

                                           別記「埼玉県商店街振興のあり方検討会委員」

東 朋治

(株)商業タウンマネジメント 代表取締役

内閣府地域活性化伝道師

 

 

市来 広一郎

(株)machimori 代表取締役

NPO法人 atamista 代表理事

 

 

岩田 靖人

(公財)埼玉県産業振興公社 主席調査役

 

 

金井 毅

(株)電通ビジネス・クリエーション・センター

シニア・プランニング・ディレクター

 

 

佐藤 順子

(株)サンケイリビング新聞社 首都圏事業局

埼玉本部 編集長

 

 

島田 憲一

秩父市商店連盟連合会 会長

みやのかわ商店街振興組合 前理事長

秩父商工会議所 副会頭

 

 

早川 ちひろ

中小企業庁 経営支援部 商業課

中小小売商業一係長

 

 

持田 光司

埼玉りそな銀行 地域ビジネス部 部長

 

 

八木 輝義

(株)サーチフィールド FAAVO事業部

アライアンスマネージャー

 

                                                                                          (敬称略、五十音順)

県政ニュースのトップに戻る