Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年11月 > ウォームビズから始めよう 冬のライフスタイルの見直し ~埼玉版家庭のエコ診断受診者20名に省エネタップをプレゼント~

ここから本文です。

 

発表日:2016年11月24日14時

県政ニュース

ウォームビズから始めよう 冬のライフスタイルの見直し ~埼玉版家庭のエコ診断受診者20名に省エネタップをプレゼント~

部局名:環境部
課所名:温暖化対策課
担当名:総務・エコライフ推進担当
担当者名:村野・阿部

内線電話番号:3038
直通電話番号:048-830-3038
Email:a3030-01@pref.saitama.lg.jp

 エネルギー全般の使い方を見直しながら、低炭素社会の構築に向けた仕事や生活のスタイルに変革することを目指し、冬のライフスタイルキャンペーンを12月1日にスタートします。

 省エネ対策と言えば冷房を多く使う暑い夏を想像しがちですが、実際は、暖房や給湯などで冬の方がエネルギー使用量は格段に多くなります。そこで、冬こそ、日々の過ごし方を見直し、省エネ生活を送ることが大切です。

 そのきっかけづくりのため、県では、室温20℃でも快適に過ごせる衣服の着方を工夫する「ウォームビズ」、省エネ生活の体験により1日に削減できる二酸化炭素の量が実感できる「エコライフDAY」、WEB上で各家庭の1年間の省エネ効果がチェックできる「埼玉版家庭のエコ診断」を実施します。

 「埼玉版家庭のエコ診断」については、メールアドレスを登録の上受診いただいた方にプレゼントを実施します。

 キャンペーンに参加して、この冬の暮らし方を見直してみませんか。

1 ライフスタイルキャンペーンの概要

(1)実施期間 平成28年12月1日~平成29年3月31日

(2)キャッチコピー

 「つづけよう」「ひろげよう」省エネ・節電~みんなでやれば未来が変わる~

(3)実施内容 

 1) ウォームビズの推進

 2) エコライフDAY(2016・冬)にチャレンジ

 3) 埼玉版家庭のエコ診断にチャレンジ

 

 ※県温暖化対策課「ライフスタイルキャンペーン」ホームページ

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/lifestyle.html

 

2 ウォームビズの推進

 暖房による二酸化炭素排出量の増加を抑えるため、室温20℃でも快適に過ごせる衣服の着方を工夫してみましょう。

 また、ウォームビズの一環として、一人一人が電気やガスなどの使用量が多い暖房を使うのではなく、みんなが暖かいところに集まることでエネルギー消費の削減につなげる「ウォームシェア」にも取り組みましょう。

【ウォームビズ】

 (工夫例)

 オフィス:セーター、カーディガンなどを重ね着。スカートの下に保温性に優れたスパッツやレッグウォーマーを着用。

 家庭:いつもより1枚多く重ね着。ルームシューズなどを活用。

 (ポイント)

 ・厚手のセーター1枚より、薄手のシャツを2枚重ねる方が効果的

 ・首、手首、足首の「三つの首」を温めると効果的(首:マフラー・ストール着用、手首:長袖の下着や手袋着用・手首のボタンを留める、足首:レッグウォーマー・ルームシューズ着用 など)

【ウォームシェア】

 ア 普段別々の部屋にいる家族が、時間を決めて居間など一つの部屋に集まり暖かさを共有することで省エネになり、コミュニケーションも深まります。

 イ 家庭の暖房を止めて、家族や仲間同士でイベントや美術館など、まちに出かけることで地域活性化にもつながります。

【あったかもう一工夫】

 ア 住まいの工夫で、あたたかく快適に。

 (ア) 厚手のカーテン、窓に断熱シートを貼るなど。

 (イ) 省エネ加湿器やお湯の入ったやかんなどで加湿を。

 イ 体の中からおいしくあたたかく。

 (ア) 根菜類、しょうがなど体をあたためる食材をおいしくクッキング。

 (イ) みんなで鍋を囲んで部屋もからだもポカポカに。

 

3 エコライフDAY(2016・冬)にチャレンジ

 エコライフDAYは、簡単なチェックシートを利用して、1日、省エネ生活を体験していただくものです。

 「暖房の設定温度をいつもより低くした」、「お風呂はさめないうちに、みんなで続けて入った」など、節電や省エネの取組による1日の二酸化炭素の削減量や節約金額をチェックシートにより実感できます。

 取り組むのはたった1日、しかも「〇」をつけるだけです。2016・夏では、小中学生から社会人まで多くの皆様に御参加いただきました。あなたもぜひゲーム感覚でチャレンジしてみてください。

(1)実施期間 平成28年12月1日~平成29年3月31日

(2)参加方法 ホームページから参加又はチェックシートをダウンロードして参加。

 ※県温暖化対策課「エコライフDAY」ホームページ

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/ecolifeday.html

 

4 埼玉版家庭のエコ診断にチャレンジ

 「埼玉版家庭のエコ診断」は、WEB上で、いつでもどこでも各家庭の二酸化炭素の排出状況に応じた省エネ対策とその効果が確認できる、便利なシステムです。

 ライフスタイルに関する簡単な質問に答えるだけで御自宅の二酸化炭素排出状況がわかり、世帯平均との比較ができます。その状況に応じて、暖房時における窓用断熱シートを貼付した場合、暖房使用時間を1時間短くした場合など、二酸化炭素の削減量や節約金額の試算効果について、WEB上でアドバイスを受けることができます。

 また、メールアドレスを登録の上受診いただいた方へのプレゼント企画を実施します。

 暖房利用が増えるこの冬こそ、埼玉版家庭のエコ診断に挑戦してみましょう。

 利用登録サイト (URLを削除しました。)

 

【プレゼント企画の概要】

 平成28年12月1日(木曜日)から平成29年2月28日(火曜日)までの間、メールアドレスを登録の上受診いただいた方のうち、抽選で20名様に待機時消費電力の削減に役立つ省エネタップ(個別スイッチ付電源タップ)をプレゼントします。

  <応募詳細>

 (1) WEB版家庭のエコ診断利用登録サイト(URLを削除しました。)でメールアドレスを登録の上、受診してください。

 (2) 当選者には平成29年3月7日(火曜日)までに登録されたメールアドレスへお知らせします。

 (3) 当選者はWEB版家庭のエコ診断利用登録サイトにログインし、送付先(氏名・住所)等を入力してください。

 (4) 3月下旬、賞品を御自宅に発送します(予定)。

 ※2回目以降の受診の方も対象となります。

 ※プレゼントの対象者は、県内在住の方に限ります。

 ※賞品は、県庁で直接受け取ることもできます。

 

県政ニュースのトップに戻る