Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年11月 > 17日に第24回彩の国職業能力開発促進大会 埼玉の名工・青年技能者 20人を表彰

ここから本文です。

 

発表日:2016年11月16日14時

県政ニュース

17日に第24回彩の国職業能力開発促進大会 埼玉の名工・青年技能者 20人を表彰

部局名:産業労働部
課所名:産業人材育成課
担当名:技能振興担当
担当者名:高林・宮山

内線電話番号:4602
直通電話番号:048-830-4602
Email:a4590-02@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、様々なものづくりの技能で県内の第一人者と認められる現役の技能者を「彩の国優秀技能者(埼玉の名工)」として、また、満30歳未満で優れた技能を持ち、他の模範と認められる青年技能者を「彩の国青年マイスター」として表彰しています。

 11月17日に開催する「第24回彩の国職業能力開発促進大会~技能者表彰式~」において、両賞合わせて20名を知事が表彰します。 

 ● 表彰制度の概要

1 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)

 ・昭和43年度から続く歴史ある表彰で、平成28年度受賞者(13名)をあわせて累計で809名が受賞。

 ・技能に関する魅力発信等と、技能者の一層の技能水準の向上を図ることが目的。

 ・受賞者には、彩の国優秀技能者章(徽章)及び記念品を授与。

2 彩の国青年マイスター

 ・平成7年度から続く表彰で、平成28年度受賞者(7名)をあわせて累計で225名が受賞。

 ・若い技能者の職業と生活に誇りと意欲を生み出すとともに、技能者の一層の技能水準の向上を図ることが目的。

 ・受賞者には、彩の国青年マイスター章(徽章)及び記念品を授与。

 ● 受賞者及び表彰式 

1 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)表彰受賞者(敬称略)

       氏名          職種          勤務先等

 1 書上 四郎 鋳物工 伊藤鉄工(株)

 2 髙梨 隆博 機械修理工 UDトラックス(株)

 3 新津 丈次 電気配線工事作業者 新津電気工事

 4 石井 清孝 エンジン組立工 UDトラックス(株)

 5 冨地 直美 和服仕立職 松澤和裁所

 6 菅野 和治 建築大工 (有)モトハシプレカットシステム

 7 池内 弘司 かわらぶき工 池内瓦店

 8 小泉 俊春 石彫工 (有)小泉石材店

 9 清水  隆 木製建具製造工 (株)浦野建具

 10 長谷川 光義 碁将棋盤製作工 吉田碁将棋盤店

 11 田中 伸和 畳工 (有)田中畳店

 12 松山 照男 畳工 松山畳店

 13 近藤 一明 畳工 近藤畳店

2 彩の国青年マイスター表彰受賞者(敬称略)

         氏名          職種            勤務先等

 1 橋本 太輝 エンジン組立工・調整工 UDトラックス(株)

 2 佐々木 貴広 機械修理工 UDトラックス(株)

 3 壽﨑 将彦 自動車ぎ装組立工 UDトラックス(株)

 4 浅見 行也 車両機械組立工 東日本旅客鉄道(株)

 5 竹野 駿佑 車両組立工 東日本旅客鉄道(株)

 6 川井 真之介 車両ぎ装工 東日本旅客鉄道(株)

 7 坂西 陽河 建築大工 (株)こもだ建総

3 表彰式

 ○彩の国職業能力開発促進大会~技能者表彰式~

 日時 平成28年11月17日(木曜日) 10時30分から12時00分

 場所 さいたま市民会館うらわ ホール さいたま市浦和区仲町2-10-22

 内容

 (1)優れた技能者の表彰及び技能振興への功労等に対する感謝状の贈呈

 ア 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)

 イ 彩の国青年マイスター

 ウ 技能競技大会成績優秀者等

 エ 技能検定関係功労者等

 (2)技能関係の叙勲受賞者、褒章受章者、厚生労働大臣表彰被表彰者等の御紹介

〔参考〕

 彩の国職業能力開発促進大会の趣旨

 ・技能を尊重する機運を高め、技能者の社会的地位の向上を図るとともに、職業能力開発の促進と技能評価制度の一層の充実・発展に寄与するため優秀技能者等を表彰します。

 ・「職業能力開発促進月間」の行事として、毎年11月に開催しています。

 

 ※ 職業能力開発促進月間とは、昭和45年11月に第19回国際職業訓練競技大会(技能五輪国際大会)が日本で開催されたことを記念して、11月が「職業能力開発促進月間」と定められました。

 

県政ニュースのトップに戻る