Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年11月 > 企業と連携した「家族を守る災害食フェスタ」を開催します!!

ここから本文です。

 

発表日:2016年11月8日14時

県政ニュース

企業と連携した「家族を守る災害食フェスタ」を開催します!!

部局名:危機管理防災部
課所名:危機管理課
担当名:震災予防・復興支援担当
担当者名:西谷

内線電話番号:8146
直通電話番号:048-830-8141
Email:a3115-06@pref.saitama.lg.jp

 日本ではいつどこで地震が起きてもおかしくないと言われています。今後起こりうる首都直下地震など、災害時において被害を減らすために、日頃からの備えが必要です。

 各家庭における食料品の備えの重要性を知っていただき、具体的な備えにつなげていただくため、カゴメ株式会社と連携し、11月14日(月曜日)県民の日に「家族を守る災害食フェスタ」を開催します。

 フェスタ参加者には、プレゼントがあります。ぜひご参加ください。 

1 家族を守る災害食フェスタの概要     

(1)開催日時 

 平成28年11月14日(月曜日) 13時00分~16時00分

(2)開催場所 

 埼玉県危機管理防災センター2階本部会議室

 ( さいたま市浦和区高砂3丁目15番1号 )

(3)内容

  13時15分~14時15分 災害食セミナー 定員 先着70名程度

  「災害食の達人」今泉マユ子管理栄養士を講師に迎え、「今日からできる防災食備蓄」をテーマにセミナーを開催します。

  14時30分~16時00分 災害食ワークショップ 【 入退場自由 】

  今泉マユ子管理栄養士監修の災害食ワークショップを開催。

  簡単災害食のレシピ、ローリングストックの考え方など分かりやすく伝えます。

(4)その他 

  入場無料、事前申し込み不要

2 講師プロフィール等

161108-0401

 今泉マユ子管理栄養士

(1)講師プロフィール

 1969年徳島県生まれ 関東学院女子短期大学家政科食物栄養専攻卒業後、管理栄養士として大手企業社員食堂、病院、保育園に勤務し、2014年オフィスRMを起業。

 現在は企業アドバイザーとしてレシピ開発、缶詰商品開発に携わるほか、資格を生かし幅広く講演、講師活動を行い、メディア出演、新聞、雑誌多数。

 資格:管理栄養士、災害食専門員、食育指導士

 所属:日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)・日本災害食学会

 メディア:NHK「あさイチ」「首都圏ネットワーク」「おはよう日本」、日本テレビ、テレビ東京、テレビ神奈川、テレビ札幌、関西テレビ、大阪朝日放送、BSジャパンなどその他ラジオ、新聞、雑誌多数。

(2)著書

 『体と心がよろこぶ 缶詰「健康」レシピ』(清流出版 2015年)

 『からだにおいしい缶詰レシピ』(法研 2015年)

 『「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を 』(清流出版 2015年)

 『災害時に役立つ かんたん時短、即食レシピ「もしもごはん」』(清流出版 2016年)

3 ワークショップの内容

 4つのコーナーに参加でき、参加者には、先着200名に「カゴメ野菜一日これ一本(長期保存用)」をプレゼントします。

(1)各コーナーの内容

 (1) 簡単手作り災害食の作り方【試食あり】 

 (ドライパック大豆を使った簡単美味しい災害食レシピ )

 (2) 紙食器の作り方

 (ラップやポリ袋をかぶせて食器として使おう! )

 (3) アルファ化米の美味しい食べ方【試食あり】

 (災害時に新提案 !! 野菜ジュースでアルファ化米を美味しく食べる!)

 (4) サバイバルキッチン

 (キッチンや冷蔵庫に普段からある食材などを活用し、避難生活を乗り切るための工夫を伝えます!!)

161108-0402

(2)運営スタッフについて

 今泉マユ子管理栄養士、埼玉県自主防災組織リーダー養成指導員、カゴメ(株)社員、県危機管理課職員

(3)プレゼントについて

 ワークショップ参加者先着200名に「カゴメ野菜一日これ一本(長期保存用)」をプレゼントします。

 

161108-0403

県政ニュースのトップに戻る